dsc03297

低層階、高層階 住むならどっち?

2019/06/07

皆さんはマンションを購入する際、低層階と高層階のどちらを選ばれますか?

今回は低層階、高層階のメリット・デメリットについてご紹介します。

 

 

002a6552

【 低層階 】

〇メリット

・エレベーターを待つことなく、階段で移動できる

・災害が起きた際に逃げやすい

・専用庭やルーフバルコニーが付随していることがある

・足音を気にせず生活できる(※1階または階下が住戸でないお部屋の場合)

・駐車場から直接お部屋に入れることがある(※1階の場合)

 

〇デメリット

・外からの視線が気になる場合がある

・ベランダに干した洗濯物などが見えてしまう可能性がある

・日当たりが限定的になる場合がある

・車などの外の音が聞こえやすい

 

プライバシーの問題は、レースカーテンを利用することで解消できます。

日当たりや、外の音については、内見時に問題が無いか確認しましょう。

 

 

 

2019-06-07

【 高層階 】

〇メリット

・眺望、風通りが良い

・防犯性が高い

・虫が出にくい

・プライバシーが守られやすい

・物件によっては花火の観賞ができる

 

〇デメリット

・忘れ物に気付いても部屋に戻るのが大変

・窓を開けた時に強風が吹きこむことがある

・朝、夕の時間帯でエレベーターが混雑することがある

・地震の際に低層階と比較し大きく揺れる可能性がある

 

忘れ物や強風については、生活する上で普段から気を付けることが必要です。
ここでは、低層階・高層階それぞれの一般的なメリット・デメリットをご紹介しました。

実際に購入する際は、「自分がどの点を重要視するか」が一番大切になります。

内見の際は低層階、高層階どちらも内見してみてください。

きっと、それぞれの魅力に気付くことができますよ!